A Song for you

エンタメわっしょい

上手い文章が書きたいというはなし

「上手い文章が書きたい」と常々思って色んな人の色んな事柄について書かれた文章を読んでいるけれど「読む」だけではなくて実際に「書く」ことをしなければ上手くならないよなぁ。そしてそれを理解していても行動に移すのは億劫という己の精神の甘さに落胆しつつ頭を抱えている。

上手い文章。とひとくちにいっても参考書や教科書のような誰が読んでも理解しやすいという意味の上手い文章もあれば、読んだ人の心を鷲掴みにして大きく揺さぶる文章だって上手い文章の中に入るだろうし文法も単語もめちゃくちゃだけどなんかいい文章!みたいな文章もあるので難しい。

舞台作品の感想ログが主になりつつある当ブログではあるが、観た時に得た感情を文章にまとめたときにいつも「なんか違う」と首をひねっていることをここで告白する。言葉にできない感情を言葉にしていることでいわば自分で自分の思い出や感情の二次創作をしているようなもので、それはそれでとてもいいことだとは思うのだけど、言葉を紡げは紡ぐほど本当に書きたいことからどんどんと遠ざかっているような気持ちになってしまう。書いている私でさえそうなのだから読んでくださる人が私の文章を読んで胸の中で描くイメージはきっとまた違うものになっているのだろうと思う。どうやって言葉で伝えればいいのだろう。胸の中からふつふつ せり上がってくるような感動や頭を殴られたような衝撃を、バンザイしたくなるくらい満たされたときに感じる多幸感を、どうしようもないくらいのドン底で抱える絶望を。

私は上手い文章が書きたい。
だけどそれはどこにあるんだろうか。
このまま書き続けていれば手に入るのだろうか。

とりあえず自分の中で溜まっている書きかけの記事をまとめておきたい。

私は上手い文章が書きたいのだ。