A Song for you

エンタメわっしょい

おひっこし


「引越し」とブログ記事で書くとブログのお引越しかと思われる場合が多い気がします。でも私の「引越し」は住居の引越しですね。準備やら何やらであちらこちらへバタバタと移動しております。荷造りが異様に上手くなったよ!で、私にとってまた新生活が始まるわけですが、一体どうなるのかしらと不安と不安と不安でいっぱいです。とりあえず体調管理には気をつけたい。

ロンドン旅行記も更新を止めたまま半年が過ぎました。半年て!いや、書く気はありますが書く時間と余裕を失っているので取り返したい。文章を書くのは好きなのでどういった形であれ「書く」という行為を続けていけたらいいなぁとは思っております。

いつになるかはわかりませんがロンドン旅行記はちゃんと追記と校正とかして自分だけの本を作りたいという野望があります。

話がずれてきたので本題に戻ります。
そろそろお腹がすいてきました。

で、引越しの準備をしていたらなんとまぁ自分の持っている本の多いこと!かなり前に大量に処分したのですがまだ結構な数が残ってました。小・中学生の頃に読んで感銘を受けた本や高校生のときにハマったシリーズ本、私が料理好きに目覚めるきっかけとなった料理本など、その1冊1冊にそれぞれ思い出があって、整理していくうちに記憶の地層を掘り起こしていく気分になりました。

本の内容も勿論思い出の1つではありますが、その本を手に取ったときの心境や環境なども自分にとっての思い出であり「読書体験」の1つなのだと。幼い頃は本の虫で暇さえあれば本棚にかじりついて読書していた私ですが成長していくにつれてあまり読書をしなくなってしまいました。悲しいことです。なので、ここ最近ポツポツとではありますが、また読書を嗜むようになって良かったなぁと心底思います。本屋さんへ行ったときも以前にも増してより楽しくなりました。

さて、引越しをする私が新住居に連れていく本達はダンボールの中で私の思い出と共に静かに整列しています。過去に「自分探し」という単語が流行った時代がありましたが、私の「自分探し」はきっと自分の好きな本を改めて読み直してみたり、整理することなんだろうなぁ。

いよいよ本格的にお腹がすいてきました。コーヒー牛乳飲みたい。

途中のままのロンドン旅行記や観劇記はかなり時間がかかるとは思いますが頑張って書いていく所存です。ほ、ほんとだよ!!

ではまた近い未来で



追記1
なんだかえらくポエムっぽい文章になってしまった

追記2
コーヒー牛乳とスイートポテト最強